≪HR・採用関連≫『採用力(採用戦闘力)について』

こんにちは!
株式会社ログシー(ROGC Inc.)の山田です。

 

当社では毎週採用関連のメルマガを発信しておりまして、
その中で扱った情報の一部を、ブログにも転記していきます。

 


 

 

 

 

先週今週は名古屋行ったり大阪行ったりと、移動が多かったんですが、
先日名古屋で採用セミナーに登壇させていただきました。

 

その中で「採用力」について少し触れたんですが、
セミナー終了後に個別にご質問をいただいたので、
今回それについてちょこっと書かせていただきます。

(ドラゴンボール世代の山田としては、

「採用力」より「採用戦闘力」と言いたい。ので、以降そう言います)

 

採用活動を成功させるために、
応募者を集める母集団を形成するのも、
集めた候補者を入社までグリップするのも、
「採用戦闘力」が大事なんですが、

そもそも「採用戦闘力」ってなんでしょうか。

 

私は、

 

「企業力」

「採用条件力」

「採用活動力」

 

の掛け算だと定義しています。

 

「企業力」とはいわゆるブランドですね。

大手、有名企業はほっといても勝手にエントリーが入るっていうアレです。

 

山田は大手企業さんも、中小ベンチャー企業さん、
またいわゆる不人気業界の企業さんも幅広くご支援しているので、
「企業力」の差ってやつをめちゃくちゃ感じます。

 

で、採用を成功させるため、
「採用戦闘力をあげましょう」という議論になった場合、
「企業力」ってどうしようもないですよね。

こればっかりはすぐに変えられない。

 

当社は「採用支援企業」です。
(採用コンサルティング企業と言っていただく場合もありますが)

 

当社の使命・役割の中で、
「採用戦闘力」をあげるためのポイントとして以下、

念頭においてご支援することを心がけています。

 

「採用戦闘力」をあげるために、変えるべき3つのポイント。

 

1)『採用条件』を変える
これはすごくわかりやすいですね。

 

給与を変える、技術職は別テーブルを設定する、
福利厚生を充実させるなど。

 

アルバイト採用だと、時給以外にも日払い・週払いOKや、

勤務期間・シフトの調整(短期OKや、週1日~OKってやつです)。

前払い制度とかも増えてますね。

 

新卒採用だと、社宅や寮なんかも学生さんから
質問されることも増えていると思います。

 

また転勤なしの地域限定採用など。
(大手さんでも転勤なし増えているので、中小企業さんも是非導入していただきたい)

 

2)『採用担当者の行動の質と量』を変える
とにかくコア業務に集中して、ノンコア業務はアウトソースする。

 

新卒採用で言うと大学訪問や学生個別フォロー。

 

中途採用で言うと、職歴書や候補者レジュメの確認や、

人材紹介会社・候補者への超スピード対応、社内連携。

面接日程調整の柔軟さ。

 

後は包括して社内への「巻き込み力」など。

この辺り細かく書き出すと長くなるので割愛します。

 

3)『採用ツール』を変える
今使ってるツールや求人媒体、メディアやSNSに、
ちゃんと自社の採用ターゲットはいますか?

 

いたと仮定して、

そのツール内で採用競合と戦えますか?

 

「戦えそう」と判断したうえで、そのツールを、
効果的かつ実践的に運用できていますか?

 

3)→2)→1)の順番で、
会社的なルールやしがらみなどで変えることが難しくなります。

 

当社のような採用支援会社では、
まずは3)をメインにご提案させていただき、
1)と2)に関しては、他社の情報やトレンドを逐一お伝えし、
きたるべき転換期に適切な企画やスキームを、
熱意満点でぶつけることが使命だな、と。

 

おかげさまで幅広くご支援させていただいている

企業様も増えております。

 

事例・実績から守備範囲は日に日に拡がっているので、

どんな些細なことでもご相談お待ちしております。

 

ではまた次回!

http://rogc.co.jp/