News & Columns

ニュース&コラム

2021年4月23日

組織文化はみんなでつくっていくからおもしろい。それがベンチャー企業の醍醐味。

ROGCってこんな会社!

 

 

キャリアコンサルタント&広報PR担当 鈴木さくらです。

 

つくづく会社の文化はメンバーみんなでつくっていくものだなあ。新卒の新入社員が入って新しい風を感じつつ、そんなことを実感しているところです。

 

4月1日に4期締め会と5期キックオフが開催された際、弊社のインナーブランディング施策のひとつである『ROGC Value AWARD』の表彰式が行われました。

 

受賞者は営業グループリーダーに昇進したばかりの河野大樹(コードネームKD)。先日、河野へ受賞インタビューをしましたが、実は私、河野とマンツーでじっくりお話をするのは今回が初めて。その人柄は知ってはいたものの、話をするほどに河野の誠実で真摯な姿に触れてノックアウト・・・スローガンは「猪突猛進」「がたがた言わず行動あるのみ」と普段言っているので全面的にガンガンに攻めるタイプかと思いきや、実はとてもシャイなところがあり、そのバランスが絶妙すぎました(*´▽`*)

 

そんな河野のインタビュー記事は、今月末にnoteにアップするのでどうぞお楽しみに!

 

 

 

 

■行動指針としてみんなが大切にしているROGC Value

 

『ROGC Value AWARD』とは、弊社ROGCの大切にするValueがメンバー各自でどのように体現でき、周囲に良い影響を及ぼしているかを選定し表彰する社内制度です。

 

2021年1月~2021年3月までの期間で、以下の6つのROGC Valueの中から一つ選び、自薦他薦問わず「実践できたこと」などをTwitterで各メンバーがツイートすることによってエントリー。その後、エントリーがあった中から、全体投票でValue賞を決めるというものです。

 

 

◆チームROGCの心得として以下の6ヶ条Value◆

1)「得意技をつくって、磨きあげよう」
まずは社内で1番、次に競合プレイヤーの中で、最終的にはマーケットに影響を与えることができる、そんな自分だけの得意技=専門性や個性を育てること。

 

2)「常に改善思考、すぐに改善行動をとろう」
現状に満足せず、常に探求し、最適解を追求する。考えることも大事だが、実行するスピード感はさらに大事。スピードをもって経験を制すること。

 

3)「責任を果たすために、全力をつくそう」
些細なことでも任されたもの、やると決めたことは最後まで責任をもって最善を追求する。当事者意識を高く持ち、一人ひとりが責任を果たすこと。

 

4)「感謝の気持ちは、必ず声に出そう」
いついかなる時でも、周囲の支えがあって仕事が成り立っていることを強く認識し、自分自身の気持ちや、お客様からいただいた感謝の言葉は必ず声に出して伝えること。

 

5)「仲間の成果をよろこび、達成を共創しよう」
仲間の成功を称え、自分の成功を仲間たちに共有する。高い目標を達成するためにみんなで力をあわせること。

 

6)「信頼され愛される、自分のファンをつくろう」
個人として頼られる存在になることは自分と会社の財産になる。会社の看板はみんなでつくること。

 

 

エントリーはひとり複数でもOK。全部で15エントリーありました。

今回は受賞には至らずとも、そのほかのメンバーのエントリーをご紹介しますね!

 

 

 

■全エントリーはこちら!

 

まずは先陣を切ってくれたさおりん。さおりんは最多エントリーかつ、すべて他薦でエントリーしてくれました(いつもみんなを力強く後方支援してくれる、本当に縁の下の力持ち的な頼もしい存在です)。

 

 

 

 

 

つづいて、いつもフロントで奮闘している受賞者河野以外の営業メンバーたち(弊社はパワフルなフィールドセールスが大きな強みのひとつです)。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、採用コンテンツ制作・育成支援・広報メンバー(えっと、ちょっと紳士淑女風=弊社の平均年齢を一気に底上げ。ですが!総じてエネルギッシュなので、年齢は数字にすぎません笑)。

 

 

 

 

 

 

■組織文化をみんなでつくっていけるのがベンチャー企業の醍醐味

 

これらのエントリーを見てみると、気づくことがあります。それは、他薦が圧倒的に多いということ。

 

弊社メンバーの全体的なキャラとして「自分を前面に押し出すのは・・・(もじもじ)」というところもありますが、なにより、「感謝の気持ちは、必ず声に出そう」や「仲間の成果をよろこび、達成を共創しよう」というValueが組織文化として根付いている証拠だと思っています。

 

 

(こんなチャットを思わず代表の山田卓司に送ってしまったほど笑)

 

そして、この6つのValueを誰よりも日々体現しているのは山田であり、そんな代表のもとで私たちメンバーも一人ひとりValueの体現を通してみんなで組織文化をつくっています。

 

それがベンチャー企業の醍醐味、おもしろさだといえますね^^

 

(おしまい)