News & Columns

ニュース&コラム

2021年9月1日

#ぶっちゃけ新卒採用。パティシエだった僕が人材業界の営業マンになったワケ。

ROGCってこんな会社! 新卒採用

 

キャリアコンサルタント&広報担当 鈴木さくらです。

 

「#ぶっちゃけ新卒採用」というコンセプトにて、勢いよくスタートした弊社22年卒向けの営業職採用。早速、学生さんとの面接も進んでおり、採用担当者は大忙しです^^

 

学生さんからしたら、採用担当者っていったいどんな人なんだろう・・・と少なからず緊張してしまいますよね。今回は、前回ご紹介した新卒入社で早くも採用担当者としても奮闘する宇野桃に続き、二人目の採用担当者をご紹介します

(前回はこちら)

 

 

二人目は、中途入社2年目の石原優生(いしはらゆうき)

実は、前回の宇野と同じ採用支援事業部2課にて、宇野を力強く引っ張る&支える頼もしい存在でもあります。石原へのぶっちゃけインタビューをどうぞ!

 

 

 

 

1)ROGC内でも「洋菓子業界のパティシエから人材業界の営業職」という異色のキャリアを持っていますが、そもそもなぜパティシエをファーストキャリアに選んだのですか?

 

 

当時は、これといったやりたいこともなく、両親への恩返しのつもりでパティシエの道を選びました。

 

キャリアについては、なんとなく漠然と、このまま10年くらいやって、父親の引退のタイミングでこのお店(実家は洋菓子店を営んでいます)を引き継げばいいのかな・・・と。両親からしたら、「甘く見るな」と怒られそうなのですが、本音のところ最初はそんな感じでした。

 

ただ、5年くらいを機に少しずつ“このままでいいのかな”と思い始め、自問自答する日々を過ごしていたことを思い出します。

 

 

 

2)転職活動時、様々な業界を見ていたと思いますが、人材業界での営業職に転職した理由は何でしたか?また、当時の選社軸は何でしたか?

 

(石原の手作りクッキーは本当においしい~!さすがプロのお味★)

 

考えた末、7年間続けてきたパティシエの道を辞め、転職活動をしていた当時、私が受けていた業界は3つで「人材・広告・IT」、職種は「営業」でした。

 

業界に関していえば、インターネットでこの先市場がシュリンクしない業界(伸びていきそうな業界)という考えでした。当時はこの3つだったらどこでも良かった、というのが正直なところです。

 

職種が営業の理由は、自分の市場価値を高めたかったから。ほかの職種でもいいのでは?と思われるかもしれませんが、私が思う「市場価値」には、「人間性(力)」もかなり大きな要素としてあったので、営業をしたいなと思っていました。

 

ROGCを選んだ理由は、シンプルに「人のよさ」でした。

 

ただその中でも見ているポイントはちょっと変わっているなと思っていまして、私が転職活動をしているときはまだ対面が当たり前でしたので、私は面接時に「この人たちと、仮に同じ中学校で同じクラスになったとき、友達になれるか。もっと言うと、修学旅行の班決めとかで一緒になろうぜ!って言える人達かどうか」を見ていました(鈴木注釈:ずいぶんとユニークな目線だ・・・弊社での石原の面接官は見事、班決めメンバーに選ばれたのですね笑)。

 

これは採用記事だからというのでもなんでもなく、転職活動時、色々な会社に足を運び、話を聞いてきましたが、「人がいいな」と思ったのはROGCだけでした。

 

 

 

3)入社した当時、折りしもコロナ禍に入り、なかなか予算達成できない苦しい時期が続いていたと思いますが、当時は自分をどう立て直し、仕事に向き合っていましたか?

 

 

入社したのは2020年3月9日でした。入社して2週間しないうちにコロナの影響でアポイントを断られるようになり、1ヶ月しないうちに緊急事態宣言が発出されました。

 

何がなんだかわからないまま在宅に切り替わり、最初は確かに不安でしたが、社長をはじめ本当に皆さんが手厚くサポートしてくれたおかげで、「これは基礎をゆっくり固めるチャンスだ」と思うことができました。

 

「わからないことがあったら、なんでも聞いて」と言ってくれた上司に、気づいたら1日20回くらい電話していたことは、今となってはいい思い出です。(河野GL本当にありがとうございました)

 

面倒見がよく、営業としての使命感がハンパない河野グループリーダー。

こちらの記事でも、河野グループリーダーをご紹介しています。

 

 

 

4)人材業界や営業職での仕事はどんな醍醐味がありますか?印象深いエピソードがあればぜひ教えてください。

 

醍醐味はたくさんありますが、私が強く印象に残っているのは、やっぱり最初にご発注くださったお客様ですね。

 

実は私、入社してから4ヶ月間売り上げが「0」という逆ROGCギネス記録を持っているのですが(爆)、正直もう3ヶ月目くらいから心が折れそうで、やばかったのを覚えています。

 

そんな中、とある街のケーキ屋さんに訪問しました。求人広告などはあまり使ったことがない方のようで、最初はかなり心を閉ざされていたなと記憶に残っています。

 

商談が終わり、内心そんなに手ごたえもなく、「今回もダメだったか…」と沈んでいたところ、翌日電話がかかってきて、受注が決まりました。

 

なぜ発注いただけたのか理由を聞いたところ、「丁寧で熱心に話してくれたから。この人にならお金を出していいと思った」と言っていただき、深々と頭を下げたのを覚えています(笑)

 

私の仕事は確かに人材不足や人材定着を手助けする仕事ですが、反面、自分自身を選んでもらえる仕事だとも思っています。

 

「石原さんだから」や「また次も頼むよ」と言ってもらえる瞬間が、この仕事していてよかったな!と感じますね!

 

 

 

5)採用担当者として東京本社新卒2期生となる未来の後輩に向けて、メッセージをどうぞ!

 

一生に一度しかない新卒入社。後悔がないようにしっかりと考え、決めてほしいと思っています。

 

個人的には、諦めずに何かを続けた経験があるひと、人の役に立つのが好きなひと、自分の市場価値を高めたい(同級生よりも圧倒的に成長したい)ひとに来てほしいです。

 

弊社ROGCは、まだまだ5期目の成長著しいベンチャー企業なので、ポストはたくさんあります。一緒に会社を作っていきましょう!

 

 

石原が率いる採用支援事業部2課のスローガンは「十人十色&切磋琢磨」。学生時代は剣道部だったこともあり、使命感や粘り強さやは人一倍です。一方、人当たりが良く、丁寧かつきめ細やかな対応でCL企業様からたくさんのご支持をいただいています。結果が出なかった苦い時期を経験しているからこそ、ときに優しくときに厳しく後輩指導ができるのも石原ならではなのかもしれません^^

 

22卒学生さん、魅力たっぷりのそんな採用担当者 石原に会いに来てくださいねー!(広報鈴木より)

 

 

 

(おしまい)